今回は、PDCAサイクルのお話をしようかと思います。会社の仕事の改善をする時によく言われるのが、この「PDCAサイクル」を回すことだと言われています。今は、ブログでアフィリエイトに取り組んでいるので、ネットビジネスでは、PDCAサイクルの何が大事か考察するとともに、会社員だった時に、PDCAサイクルの何を重視していたか?を記載してみます。

PDCAサイクルとは?一体何だったけ?業務改善計画とかに使われるんだっけ?


PDCAサイクルは、よく会社などで、業務改善施策として取り入れられることが多いと言われているものです。PDCAというアルファベットのそれぞれの文字が実行することがらを表しています。まずPが計画を表します。英語でPlanです。次にDが実行を表します。英語でDoです。その次にCが評価を表します。英語でCheckです。最後にAが改善を表します。英語でAct(Action)です。そして、これらの項目を順繰りに繰り返すことで、会社の仕事をより効率化、高品質なものへと業務改善する仕組みとして、企業などで導入しようとする場合があります。

私が個人的にあまり重視していない項目から、順番に独自考察してみます。

PDCAサイクルのC(チェック)!評価すること、要するに査定みたいな物!


私は、PDCAサイクルのC(チェック)については、最も重要視していないです。まあ、十分に実行して、データ数が多くあり、何か評価することで得られるものがあるのならば、結構重要になってきます。しかし、この仕事量ってたぶんあまりないです。会社とかですと特に、上司、上役、部長、課長などが評価の業務しかしなかったり、上司の数が多すぎたりします。この仕事は、十分な実践と実行によりかなりのデータが揃った時点で、それなりに機能するもので、そんなに業務量はない。と私は個人的に考えます。そもそも会社では、全く意味がない「評価業務」だけする困った上司が大量にいると考えられます。要するにただ「部下なり、同僚などに文句だけを言う人」です。そのような人達のあまりの多さが日本企業の生産性の低下を招いているのではないか?と個人的に愚考します。

ブログでアフィリエイトに取り組む際にも、会社と同じことが言えそうです。まずは、実践と実行が大量になければ、評価なんて考えるだけ無駄です。無駄な実行をしないために、最初からノウハウを知ってからやるべきという意見もあるかもしれませんが、ノウハウを勉強ばっかりしていると実践、実行の時間が少なくなってしまうのです。よって、ノウハウは、一年で一個ぐらい勉強して、あとはひたすら実践が良いと考えます。

PDCAサイクルのA(改善)!評価した後に方向性を良い方向に再修正すること!


私は、PDCAサイクルのA(改善)については、2番目に重視していません。評価と改善は、二つでセットですので、両方ともあまり重要視していないです。なぜならばこの二つのプロセスは、大量の実践と実行を行った後に、どの方向に進むのが良いかを検討するプロセスだからです。評価と改善で、方向性を修正し、どの方向に進むか決めた後は、結局、大量の実践と実行を行い続けることになるのです。

ネットビジネスをする場合でも、結局は、評価と改善の二つのプロセスに関しては、大量の実践データがないことには、方向修正の検討もあまり意味をなさないと考えます。

PDCAサイクルのP(計画)!まず何をする(実行、実践)か計画する!


私は、PDCAサイクルのP(計画)については、まあ2番目に重要と考えます。でも、あまり考えすぎても意味がないです。しかし、何も考えずに実行、実践だけしても悪い結果となってしまいます。会社の例ですと、まず何をやるかばかり考えて全く仕事が進まない人がいましたね。その人いわく、適当にやって怒られたら大変だから、まず考えてからやると言っていました。これって、何もしてないのと同じじゃないの?ということになってしまいます。なので、ある程度考えたらとにかく後は、怒られようがやってみることは大事ですね。と私は考えます。後は、何も考えずに実行、実践だけするという人ですね。こちらについては、会社の例だと「誰誰さんが、こうしろといったので、やりました。」とか「私は、こう思ったのでこうしました。」というようなことを言う人がいます。人に言われたから、実行するとか、自分の思いだけで実行するとかだと計画になっていないのです。要するに、仕事やる前には、そうすべき理由とどうしてそうした方が良いのか?という部分を客観的かつ論理的にまとめておく必要がある。ということです。

ネットビジネスをする場合でも、結局は、同じ理屈はなり立つと個人的に愚考します。

PDCAサイクルのD(実行)!実行、実践が何より重要!


私は、PDCAサイクルのD(実行)を、最も重要視しています。会社員時代の会社の仕事でも特に大切にしてきたことですし、人生の価値観の中でも最重要項目として、挙げたい項目です。あまり自分の自慢みたいなことを言いたくありませんが、私は会社員時代とにかく仕事のスピードとこなしている仕事量には、圧倒的に自信がありました。いつも心がけていたのが、30分以内にやる仕事の方向性、PDCAサイクルで言えば、D(実行)以外のP(計画)、C(チェック)、A(改善)をザックリ検討し、即座に、実践、実行し続けることでした。こうすれば、おそらく、仕事のスピードと仕事量は凄く早く的確にできるようになっていくと思います。

ネットビジネスをする場合でも、実行、実践が何より重要と個人的に考えますし、某有名ブロガーの方もとにかくいっぱい記事を書くことが大事だと言われているようですしね。まあ、実行、実践が何より重要とは思いますが、ネットビジネスは、まだあまり実行、実践していませんし、これからどれだけやれるかが重要だと思います。

私の少ないネットビジネスの経験で言えば、10年ぐらい前にアフィリエイトで月1万ぐらい稼いだ時には、別に何のノウハウも仕入れておらず、ただただひたすら実践、実行しただけでしたね。会社で仕事して、疲労困憊していましたので、今みたいにまともな記事はなく、すごくショボい記事をただひたすらに何個も何個も書いただけでした。

私の最近のネットビジネスにおいて、実践、実行が重要だと思ったのは、この記事結構アクセスがあったことですね。この記事って、私のパソコンが壊れたという日記だと思われる。まあ、新パソコンの購入基準の独自見解とかも入れてるけど、基本的には、あまりアクセス狙って書いてる記事ではないのである。この頃は、キーワードプランナーも導入してないし、ただひたすら書いただけなのですよ。ということで、P(計画)、C(チェック)、A(改善)なんてごちゃこちゃ考える前に、とにかく、実践、実行あるのみと思った次第です。

PDCAサイクルでは何が重要?ネットビジネス(ブログ)での独自考察!のまとめ

私は、PDCAサイクルで最も重要視するのは、D(実行)である。P(計画)、C(チェック)、A(改善)なんてごちゃこちゃ考える前に、とにかく、実践、実行あるのみ。とにかく実践、実行することで、結果は後から付いてくると個人的に思っています。