「2018年5月」の記事一覧

離職率90%程の驚異のパワハラ力!機嫌がすぐに変わるメンヘラ上司への対応策!?

パワハラ

今回は、20代元営業職さんが、メンヘラ上司から、「不機嫌な対応をされたり」、「脅されたり」、「理不尽で腹立たしい発言をされたり」、「セクハラされたり」したパワハラ体験談をご紹介してみます。パワハラ解決方法としては、思い切ってパワハラ上司にパワハラを止めるように思いを伝えるのが良いとのことです。しかし、その後、更にセクハラが始まり、気持ち悪すぎて退職したそうです。

時代錯誤のパワハラ上司!パワハラ上司が辞めればパワハラは解決する!?

パワハラ

今回は、50歳事務職さんが、時代錯誤のパワハラ上司から、「潰しにかかられたり」、「意味不明なパワハラを受けたり」、「子分に嫌がらせをされたり」したパワハラ体験談をご紹介してみます。パワハラ上司が定年退職して辞めたのでパワハラは解決したそうです。頑張ってスキルを磨けば次の職で活きてくるので頑張るのは大事とのことです。個人的には、頑張る前に頑張るとどうなるのか?何を頑張るのがベストなのかを考えた上で頑張るのが重要かと思います。

情報を一切与えない!後は考えといてしか言わない無能上司のパワハラ!?

パワハラ

今回は、30歳会社員さんが、無能上司から、「仕事に必要な情報を与えられなかったり」、「指示を即座に反転されたり」、「後は考えといてと言うからやってみたことに対して事後に怒られたり」、したパワハラ体験談をご紹介してみます。解決方法は無能な上司の言うことでいちいち悩まないことだそうです。頭の悪い上司とのことですが、ただ何も仕事したくないめんどくさがり上司に見えました。こういう無能上司のせいで何も考えずに仕事する人が増えるとますます日本の仕事の生産性は落ちそうな気がします。

一人だけお菓子を貰えない!パワハラ大好きババア上司へ反撃した小人!?

パワハラ

今回は、会社の事務員さんが、ババア上司(ボス)から、「必要な書類をまわされなかったり」、「仕事を押し付けられたり」、「休みを勝手にとられたり」、「自分の仕事が終わっていないのに早く帰られたり」、「自分のミスを逆ギレされたり」、「一人だけお菓子を配られなかったり」したパワハラ体験談をご紹介してみます。上司の上司に相談してパワハラが少し和らいだとのことです。パワハラという敵に対して、反撃の小人になることが重要だとのことです。

冷たい態度のパワハラ上司!辞める時に上司から謝罪の手紙を貰う!?

パワハラ

今回は、元会社員さんが、冷たい態度のパワハラ上司から、「新人なのに何も教えてもらえなかったり」、「会話をするとすぐにお説教をされたり」したパワハラ体験談をご紹介してみます。過去に受けた上司からのパワハラで、上司に対して拒絶反応が出たそうです。その後、妊娠をきっかけに寿退社したそうです。そして、辞める時に上司からパワハラに対しての謝罪の手紙を貰ったそうです。

気に食わないと難癖をつけられる!パワハラから逃れるには大袈裟にヨイショが有効?

パワハラ

今回は、元会社員さんが、いじめ大好き上司から、「目付きが反抗的で気にくわないと言われたり」、「顔からしてやる気が見えないと言われたり」、「毎日残業して雑務処理させられたり」、「サービス残業させられたり」したパワハラ体験談をご紹介してみます。卑劣なパワハラから逃れられた理由は、いじめ大好き上司を大袈裟にヨイショしたことだそうです。ですが、ヨイショするのもバカバカしくなり最終的には転職したそうです。

生贄とお気に入りに分割する上司!ネチネチ系嫌味上司と喧嘩して会社を辞める!?

パワハラ

今回は、20代女性会社員さんが、ネチネチ系嫌味上司から、「ネチネチと嫌味を言われたり」、「学歴差別を受けたり」、「生贄システムの上位に入れられたり」、「激怒されたり」したパワハラ体験談をご紹介してみます。パワハラは、ネチネチ系嫌味上司と喧嘩して会社を辞めて解決したそうです。社内営業とかに力を入れるのではなく、現実的に必要な仕事に集中した方が日本の会社は良くなると思います。なにしろ日本は人手不足なんでしょうから、パワハラなど無駄なことをしている場合ではない気がします。

初めての営業職で受けたパワハラ!上司と会社に嫌気がさし退職?

パワハラ

今回は、匿名さんが、「営業の仕事が苦痛だったり」、「契約が取れなくて責められたり」、「営業車の洗車を命じられたり」、「何も教えてもらえなくなったり」したパワハラ体験談をご紹介してみます。パワハラの解決方法としては、上司と会社に嫌気がさしたので退職したそうです。仕事ができないからと言って、中学生のようないじめをするのはいかがなものかと思います。後は、仕事は自分に合ったもの(向いているもの)を選択するのが、個人にとっても会社にとっても良いかと思います。

転職先にて上司の課長からパワハラをうける!毎日残業が続きうつ病になり退職!?

パワハラ

今回は、40代男性さんが、パワハラ上司から「電話対応で意味不明な注意をされたり」、「一人で大量の仕事を抱え込まされたり」、「毎日一人だけ残業させられたり」、「うつ病にさせられたり」したパワハラ体験談をご紹介してみます。パワハラの解決方法としては、耐えきれずに退職したとのことです。イジメを楽しむような上司の部下になった場合、うつ病になるなどダメージが大きくなる前に逃げた方が良いのかもしれないです。

パワハラで辞めさせられる!男性社員の下着の洗濯も仕事なの?

パワハラ

今回は、30代派遣社員さんが、パワハラ上司から「男性社員の下着の洗濯をさせられたり」、「利用すると言われたり」、「大勢の前で怒鳴られたり」、「会社を辞めさせられたり」したパワハラ体験談をご紹介してみます。裁判を起こしたそうですが、完全敗訴となってしまったそうです。大手の建設会社で洗濯を事務職に頼むところなんてあるんですかね?私が勤めたことある大企業では、作業着の洗濯は各自のお家で各自がやってました(当然下着も)。建設業界はなんとなくブラックなイメージはありますが。

ページの先頭へ