今回は、30代派遣社員(女)さんが、誹謗中傷メールを送られて精神的に追い込まれたパワハラ体験談をご紹介してみます。1.コンプライアンス室に相談、2.労働基準監督署に相談、3.パワハラ訴訟、などをやってみた結果、パワハラ問題は解決しなかったそうです。また、ボイスレコーダーで証拠を取るのは重要だとのことです。

次席のパワハラ

30代の派遣社員の女性です。関東在住です。以前勤務をしていた企業で、幼稚だけど精神的なダメージが強いパワハラに遭いました。次席がとにかく我儘な人で、自分の言う通りに動かないやつは精神的に追い込んで退職させてしまえ、という考えの人でした。

どう考えても間違えているでしょう?というようなことがあっても、それを指摘されると自分が恥をかくことになるので、誰にも指摘させないような空気を作っていました。誹謗中傷メールも送っていて、それを部署で楽しんでいるような人でした。

誹謗中傷されたことがあまりにも悔しくて、止めて欲しいと言ったところ、「態度が悪い!」と大勢の前で怒鳴られました。その日から次席がいると挨拶をしても無視されるようになりました。次席がいないと部署の人はみんな挨拶をしてくれるという状況。これって小学生のいじめと同じです。なんて幼稚なんだろう、と思いました。

勤務時間の関係で朝礼も夕礼も参加をしていなかったのですが、参加をしている人が「朝礼も夕礼も毎回あなたの悪口を言っている」って教えてくれました。

パワハラをコンプライアンス室に相談しても意味がなかった

証拠をキチンと抑えて、本社のコンプライアンス室に相談をしたところ、「ウチの社員がそんなことをするはずがない!話を作るな!」と怒鳴られてしまいました。

調査も何もせず、こんなことを言われて精神的にも追い込まれてしまいました。その後、次席が「態度が悪いからすぐに退職届を書け」と言ってきました。

何故か人事からも「退職届は形式的なものですし、退職届がなければ失業保険を受給するための書類を出せないんです」と言われてしまい、失業保険を受け取ることができないと困るので、形式的なものという言葉を信じて退職届を出しました。

労働基準監督署に相談も効果なし

もう精神的にもかなりつらいところまで来ていたのです。後から考えると不自然なことなのですが、その人事の方から「再就職先、優遇するから」と言われたのです。

もちろん、これは口だけのことで再就職先を斡旋してくれることはありませんでした。当たり前のことですよね。精神的に追い詰められていた時のことなので、誰も信じられなかったのです。その後、失業保険を受給するための書類が届いて愕然としました。

離職の理由が「自己都合による退職」となっていたのです。あまりにもひどいと感じて、まず労働基準監督署に相談に行きました。証拠もすべて揃っている状態だったので、作り話ではないことも証明できます。

すると、労働基準監督署では労働基準法違反ではあるけど、ハラスメントも絡んでいるので弁護士に相談をしてください、と言われてしまいました。役に立たないと思い、身内の法律関連の仕事をしている人に相談をしました。

次席の正当性が主張される

そして、内容証明で書類を作成し、慰謝料請求とその根拠を相手に伝えました。争うだけ時間とお金のムダなので、訴訟にまで発展させるとしたら、相当なバカだ、と言われたのです。

素直に慰謝料を支払うのがスムーズな解決法だから、相手も裁判にするほどバカじゃないだろう、ということだったのです。でも、相手は想像以上のバカでした。自分たちの正当性を主張してきたのです。

返ってきた内容証明の内容はウソだらけでした。本当にビックリしました。こんな話、よく作ったなと感心してしまいましたし、どこの誰の話なんだろう?もしかしたら同じトラブルがたくさんあって分からなくなっているのかな、と思うほどでした。

パワハラ訴訟で敗訴

この話を作ったのが弁護士だということが後で分かり、弁護士なんて信用できないと思いました。最終的には裁判になりましたが、相手の弁護士がウソばかり言って来たり、証拠はねつ造されたものだと言ってきたり、本当に不思議に思いました。

証人を呼んで欲しいと申請をしても判事に「その必要はありませんよね」と言われ、相手の証人は出廷をしたのに、これも嘘ばかりでした。しかも知っている人のはずなのに別人だったので、こんなことが裁判で許されるんだと思ってしまいました。

判決はまさかの敗訴。「嫌なら辞めれば良かったのに辞めなかったということはパワハラがなかった証拠です」という結論でした。

ボイスレコーダーで証拠を取るのは重要

もしもパワハラに遭ったのであれば、ボイスレコーダーで言い逃れができないように証拠を残したほうがよいです。私の場合はボイスレコーダーの証拠までは残しておらず、写真と文書だけだったのでねつ造と言われてしまいました。

そして、ハラスメント問題を扱っている弁護士に相談をする、というのが大切だと思います。キャリアのない弁護士、報酬のことばかり話してくる弁護士は避けたほうがいいです。そうしなければ、心の傷はどんどん深くなると思います。

後から聞いたのですが、パワハラ加害者は今までも同じように精神的に追い詰めて退職をさせて、それを自慢するような人でした。キチンと向き合わなければ、被害者は増えるばかりだと思います。