「パワハラ」の記事一覧(2 / 25ページ目)

何故パワハラに遭うのか?パワハラを寄せ付けない強い人間になることが一番良い対応策?

パワハラ

今回は、30代元会社員さんが、色々なパワハラに遭った経験に基づいて、考えたパワハラに対処する方法をご紹介してみます。パワハラ対処方法として、1.自分がパワハラを寄せ付けない強い人間になること、2.信頼できる人を味方につける、等があるそうです。結局、一番のパワハラ対策は、自分がパワハラを寄せ付けない強い人間になることであると感じたそうです。

エリート(?)社長の罵倒!?パワハラはハラスメント通報部署にメール連絡するのが良い?

パワハラ

今回は、元32歳社長秘書(女)さんが、毎日、社長室で、平均2時間閉じ込められて、罵倒や叱責を浴びせられたパワハラに対処した体験談をご紹介してみます。パワハラ対処方法として、1.ハラスメント通報部署(本社人事部)にメール連絡、2.ハラスメント担当部署(人事部)に電話で詳細な口頭説明、3.パワハラ上司が全面謝罪、の手順を実行することで、パワハラを解決できたそうです。

直属の上司のパワハラ!?部長に文書で冷静にパワハラ問題を相談して解決?

パワハラ

今回は、30代会社員(女)さんが、直属の上司から受けたパワハラに対して実践したパワハラ対策をご紹介してみます。パワハラ解決方法としては、会社の部長に文書で冷静にパワハラ問題を相談して解決したそうです。訴える際のポイントとして、1.文書にする、2.感情的ではなく淡々と現状を訴える、3.会社にとってのデメリットをアピールする、4.この会社で頑張りたいと言う前向きな気持ちで、等があるそうです。

良い格好しいのパワハラ上司には人の目を気にさせるのが有効なパワハラ対策?

パワハラ

今回は、30代会社員(女)さんが、良い格好しいのパワハラ上司に対して実践したパワハラ対策をご紹介してみます。良い格好しいのパワハラ上司対策としては、1.人の目を気にさせる、2.資料作成時に他部署の人に相談、3.他部署のメンバーと残業の話をする、等があるそうです。

パワハラから解放されるには自分がパワーアップして会社から脱出することが一番?

パワハラ

今回は、40代元会社員(男)さんが、実践したパワハラ対策をご紹介してみます。パワハラ対策として、1.労働基準監督署に相談、2.ガムシャラに働く、3.転職先を探す、等があるそうです。最終的に、自分がパワーアップして会社から脱出することが一番良いパワハラ対策だと思ったそうです。

ページの先頭へ