理不尽かつ傲慢な施設長のパワハラ!?勇気を出して良い職場へと改革?

パワハラ

今回は、30代後半支援相談員(男)さんが、理不尽かつ傲慢な施設長から、パワハラ地獄に落とされたパワハラ体験談をご紹介してみます。パワハラへの対策として、1.パワハラの内容を記録、2.不正支出の金額を記録、3.退職に追い込まれた職員の数を記録、4.法人トップにパワハラの証拠を手渡しする、などの手段があるそうです。

記録と自分の人生の優先順位を真剣に考えることが有効なパワハラ対策?

パワハラ

今回は、40代契約社員(女)さんが、ベテラン社員から、無視されたり、仕事の連絡をしない等されたパワハラ体験談をご紹介してみます。パワハラへの対策として、1.パワハラされたメモを取る、2.自分の人生の優先順位を真剣に考える、などがあるそうです。また、パワハラしてくる相手に直接正論でぶつかるは、対策効果がなかったそうです。

一旦冷静になり詳細な分析・対処法を考えるのが有効なパワハラ対策

パワハラ

今回は、30代会社員(男)さんが、パワハラ上司から、キャパオーバーの仕事をさせられたパワハラ体験談をご紹介してみます。パワハラへの対処法として、1.一旦冷静になり詳細な分析・対処法を考える、2.仕事でわざとミスをする、3.同僚との関係性を築く努力をする、などがあるそうです。

有効なパワハラ対策は産業医に相談すること?

パワハラ

今回は、20代会社員(男)さんが、パワハラ課長から、言動でのプレッシャーや罵声を受けたパワハラ体験談をご紹介してみます。上司とまともに対決せずに問題解決できる相談先として、産業医があるそうです。また、1.初期段階の毅然とした態度、2.パワハラ言動や行動の記録、などもパワハラ対策として有効かもしれないとのことです。

ネチネチ怒られるパワハラへの5つの対策を実行した結果

パワハラ

今回は、30代会社員(女)さんが、直属の上司からネチネチ怒られたり、人格否定されたパワハラ体験談をご紹介してみます。パワハラへの対策として、1.話を聞き流す、2.正論で強気に出る、3.パワハラ上司に少し嫌味を言う、4.パワハラ上司の苦手な人と仲良くなる、5.パワハラ上司と仲良くなる、の5つを実行してみたそうです。

ページの先頭へ